京浜支部同窓大会開催報告

京浜支部だより
 京浜支部幹事一同

同窓会会員の皆様におかれましては、益々ご健勝にてご活躍のことと
お慶び申し上げます。

さて、京浜支部同窓大会を11月9日(土)アルカディア市ヶ谷で開催致しました。
第一部ではシャンソン歌手の沖本理江さん(81期)をお迎えして「シャンソンコンサート」を開催し、素晴らしい歌声を聴かせていただきました。各テーブルからのリクエストでは首里城火災もあったせいか「涙そうそう」が選曲され、最後のアンコールでは「愛の讃歌」を歌っていただき久し振りに心が震えました。
アコーデオン並びにギター奏者の方の演奏も素晴らしかったです。

第二部は西田副支部長(80期)司会で開始され、最初に前回開催以降お亡くなりになられた方々のご冥福を祈り全員で黙祷を捧げました。
山下京浜支部長(79期)のユーモアある開催挨拶で笑いに包まれ、次に広島から来られた山坂同窓会長(71期)より懇切丁寧なご挨拶を、バウムクーヘンを戴きながら拝聴いたしました。
来年7月25日(土)の同窓大会は参加者1500名を集めてギネスブックに挑戦するとのお話もあり、京浜支部からも多数参加したいと思います。
乾杯の挨拶は、第55回夏の甲子園全国優勝時のキャプテン金光興二さん(72期)に前回に引続きお願い致しました。
今年は硬式野球部の15年振り甲子園出場もあり、野球クラブ田所京浜支部長(72期)の野球部近況報告も大いに熱がこもっていて、夏の甲子園優勝回数6回を7回にして中京大中京と並び、全国1位に立つよう頑張ってほしいとのお話がありました。 
 京阪神支部からも村木前支部長(57期)並びに増田事務局長(87期)にお越しいただき二金会からのご伝言やご活躍ぶりを大いに聞かせて頂きました。
 抽選会では、達川光男さんのサイン入り本や柳田悠岐さんのサイン入りボールをはじめ、数多くの素晴らしい賞品を広島の諸先輩からも寄贈していただき大いに盛り上がりました。
盛会のもと、最後に全員で校歌斉唱し、記念撮影でお開きとなりました。
 やはり、野球部が甲子園出場するとお酒も美味しいし、話も弾みましてあっという間の3時間でした。参加者の皆さん、大変ありがとうございました。また、今回都合で参加出来なかった方も2年後の11月第2土曜日に開催しますので是非ご参加ください。
今回の開催に際し、ご協力頂きました方々に心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。                        
                                   以  上

2019京浜支部同窓会写真.pptx

posted by 京浜支部 at 2019年11月15日 18:42 | Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186808834